半沢直樹 最終回最高でした!!!(ネタバレ注意!)

こんばんは、24時間配信を見ながら半沢直樹を見るという手段に出たサードです!

 

もう最高でした…これだけのドラマの最終回ですから注目されるのは当然ですが、その期待を裏切らないどころか期待以上の最終回でした!!!

 

最初から最後までクライマックスでしたよ、マジで。

怒涛の展開に敵だったはずの人たちが協力をし、巨悪を倒す。

王道ながら見せ方が素晴らしすぎて…!

 

頭取は最後に本当に部下の事や将来の事を見据えているのが分かったし(頭取は何もしねぇなって思っててごめんなさい)

 

森山に瀬名社長も半沢を鼓舞するのはカッコ良かったし、黒崎も最後の最後まで出番もあり半沢とのやり取りは最高でした(半沢の半沢が握られなくて良かった…)

 

白井大臣も名前の通りにまっさらの状態から始める終わり方も流石だし、児嶋さんも実力者が集まる中でも違和感なくいる演技力は尊敬です!!

 

大和田と半沢の最後のシーンは関係性がよく現れていて、あくまでも半沢と大和田は協力関係ではないという事ながらも実力を認め合う関係で大和田というキャラを保ちつつも半沢とのシーンを描くというのは凄いの一言です。

 

あえて半沢を銀行に残すために煽ったと考えると感動ですね…!

 

ちゃんと大和田が半沢のお父さんの事について触れていたし、前作のラストで半沢が銀行から飛ばされ、大和田が何故残ったのかも説明がされていて前作から見ていた人も納得の最終回だと思います。

 

それに花ちゃんも最近は出番がなかったけど、最終回でここまでの存在感を出してくるとは。

「生きてさえいれば、何とかなる。生きてさえいればね…」というセリフが染みますね。

 

 

 

本当に素晴らしいドラマでした!

最終回を見終わった熱量そのままで書いているので、半沢直樹を見ていない方には何だ、コイツって感じですけど許してください(笑)

 

それでは、引き続き24時間配信を見ているサードでした!