懐かしのゲーム〜THE ロボットつくろうぜっ!〜

こんばんは、2度目のサードです!

真面目な話を前先程語りましたし、金曜なので自分の特化記事を書きます。

 

f:id:sado24:20201002203318j:plain

 

2000シリーズはゲーム好きの中では有名みたいですが、当時小学校2〜3年生の僕は全く分からずに「ロボット」という単語に惹かれて中古で買ってもらいました。

 

昔からロボットが好きなので、そのロボットを自分で作れるなんて夢のようだ!

そう思ったのを今でも覚えています(笑)

 

まあそんなこんなで買ってもらって帰宅して速攻でリビングにあるPS2を起動し、このゲームを入れてプレイを始めました。

 

ゲームを起動しNew gameを押してゲームを始めたのは良いものの、その画面には僕の想像していなかったイラストが表示されました…



セクシー系な感じのイラストが表示されました(笑)

今思えば、言うほどセクシーではないんですけどね(主人公が何人かの女の子にくっつかれてにやけているイラスト)

 

光の速さでPS2の電源を切りました(笑)

 

リビングでやっているので、当然親がいるわけですよ。

いくら小学生の僕といえど恥ずかしくて…(笑)

 

その後も親がいない隙を見てゲームを進めていくところ、ギャルゲー(萌え系だったり恋愛要素のあるゲーム)要素のあるシミュレーション・アクションゲームという事が分かりました。

 

ストーリーのあらすじは

湘南高等専門学校生・草壁ケンは、何の目的も無い日々を送っていた。そんな時、幼馴染の伊東アイから、廃部寸前のロボット研究部への入部を依頼される。

最初は彼女を冷たくあしらうケンだったが、ロボットバトル界のアイドル「来宮アスカ」の存在を知った事で、「バトルで優勝して彼女と付き合おう」と野心に目覚める。

かくしてケンの、出たとこ任せの挑戦は始まった。

Wikipediaから抜粋

 

ゲーム性は個人的には結構好きで、イベントが発生するまでの間にロボットの技を覚えたりロボットのパーツを作成したりする形になります。

 

とはいえ、自分の思い描くデザイン・強さでパーツを作る事は出来ないですけどね(笑)

 

バトルも慣れてくると勝てるようになって、戦術性もあるので楽しめます。

 

ストーリーもしっかりしていて、コメディを基調とした熱血青春みたいな感じで熱くなるシーンもあります。

 

そして、最初にセクシーなイラストが出て来たと言いましたが、そういうセクシーというかお色気シーン的なものも随所にあります(笑)

 

しかも、何といっても全編フルボイスなんですよ!凄くないですか?(笑)

 

今の時代なら珍しくはないですけど、このゲームが発売されたのが2006年ですからね。

 

声優陣も神谷浩史さんや杉田智和さんに白石涼子さんなど、最近のアニメで耳にすることも多い実力派の声優さん達です。

 

買ってもらった時はセクシー系1色だと思ってガッカリしたのですが、今となっては買ってもらえて良かったと思います!

 

今回は最近部屋の掃除をしていて見つけて懐かしくなったので、このゲームについて書いてみました!

 

それでは、サードでした!