毎日模写(29日目)

こんばんは、サードです!

 

今回は前回に引き続き「ペルソナ5」から「新島真」を描きました!

 

それでは、早速…

 

 

 

 

  • 模写と元絵の比較

f:id:sado24:20201110213902j:plain

 

 

f:id:sado24:20201110214006j:plain

 

 

  • 模写の自己評価

今回の模写はバランスと線の綺麗さでは満足出来る模写になっています。

顔と体やマスクに髪型などを含めたバランスも崩れていないし、線がゴチャゴチャしておらずクリアに線が見える方かなと。

 

顔の角度とかは元絵とは違うし、そのせいか髪型も微妙に変えてしまったのは反省点ですけどね😅

 

今回の1番の反省ポイントは左腕(自分から見たら右側の腕)の肩の線が不自然に盛り上がり過ぎている事です。

 

もっと自然に出来るのに描いている時に気付けなかったのが悔しいですね。

 

観察眼をもっと鍛えなければ。

 

 

  • 新島真  キャラクター説明

主人公たちの通う秀尽学園高校の3年生で絵に書いたような優等生で生徒会長も務めている。

 

母親は幼い頃に亡くしており、父親は警察官であったが殉職。

その為、姉と2人で生活をしている(姉は検察官)

 

真面目な性格で責任感が強すぎる故に自分を出せずに引っ込みが付かなくなる事もあり、その性格によって突っ走り反社会勢力に弱みを握られ、どうしようもない時に怪盗団一向に本格的に協力を申し入れられる。

 

そして、その反社会勢力に反抗する為と出世欲に囚われた姉を改心させたい一心で怪盗団へとなる。

 

怒らせると怖いというタイプで仲間たちから決められるコードネームでは(怪盗団にはそれぞれコードネームが存在する)「クイーン」と名付けられた。

 

使用する武器は「リボルバー」のみ。

接近戦はまさかの殴る・蹴るの武道派。

 

 

 

  • 総括

苦手意識を持っている「ペルソナシリーズ」の絵を昨日に続き描いてみました。

 

でも、予想以上に上手に描けたかなという印象です。

いつもと比べてもバランスが良くて、絵として違和感のないイラストとして出来上がっているのが嬉しいです✨

 

この状態を普通くらいにしたいですね。

今は調子が良いと描けるかなくらいなので(笑)

 

 

 

それでは、毎日模写(29日目)でした!